シングルマザーのまよい道

2人の子どもを育てる40代シングルマザーのカオスな毎日、奮闘記です

スクールカウンセラーに相談した話②

こんばんは、Emilyです。

今日はこちらの話の続きです。

 

www.bellrinco.com

 

スクールカウンセラーとの面談

学校の対応は5時までなので仕事の終わりに面談というわけにはいきません。

時給で働いていたら稼ぎが減るならと相談に行くことすら二の足を踏んでいたかもしれません。

今は正社員なのでその点は大丈夫ですが、ありがたいことに理解のある職場で少し早めに

上がらせてもらって学校の相談室へ向かいます。

 

カウンセラーさんは年配の女性で、お母さんとしても経験値が高そうで期待値が上がりました。

私はいきなりうかがったわけではなく予約を取って行っているので、てっきり事前に母子家庭で

あることやクラスでの様子(担任への聞き取り)など情報を持っているのかと思っていましたが

違いました。

 

カウンセラーは話を聞くのが主な仕事だと思うのですが、

まずメモ一つとらないことに驚きました。そういうものですか?

仕事なんだから記録残しますよね?私が帰った後思い出しながらまとめるのかな?

 

まず一通り話を聞いてくれ、暴れた時のことを思い出して私が話しながら涙ぐんだりすると

「お母さんはよく頑張っていますよ」とか教科書通りの合いの手はあります。

ですがコレといったアドバイスはないに等しい。

 

身近に相談できる人はいますか?

もうどうしたらよいかわからなくなってしまって・・・・と言うと、

「身近に相談できる人はいますか?」と。

いやいないからここに来てるし、こうなってるし。

スマホ問題が引き金になっていること、何も私は子どもに聖人君子になってほしいわけではなく

普通の生活態度をしてほしいこと、元夫はアテにならないどころかレベッカ側について

裏でコソコソ余計なことばかりして私を困らせていること、両親は他県に住んでおり性格的にも

問題があるので相談できる状態ではないことを説明しても、

誰か他に相談できる人はいませんかね?と言われてもうガックリです。

私の話、聞いてました?と思ってしまいました。

 

スマホ事情が聞けたのが唯一の収穫

シングルマザーにありがちかと思うのですが、フルで働いているため学校行事の参加も

必要最低限となるためママ友ができにくいです。

もともとママ友はいらないという性格なのもあります。

ママ友どころか自分の友達もほぼいないし。

だからよその中学生家庭のスマホ事情がわからないです。

私の感覚からすると、これだけSNS絡みで中学生が誘拐や性犯罪に巻き込まれているのに

スマホを持たせる(しかもノーガードかそれに近い状態で)のが信じられません。

時間の制限もつけずに渡しているから、朝起きると何百件とLINEの通知が来ている

(夜中にスタンプの連打等している)のも理解できません。

カウンセラーさんと話して唯一よかったと思ったのは、

スマホを何のルールもなしで渡している家庭のほうが少ない、やはりルールは必要で守れなかった場合どうするといった話し合いも必要なのでお母さんは間違ってないですよ、

と言ってもらえたこと。

ここまで反抗されて私が変なの?厳しすぎるの?とブレかけていたので

そう言ってもらえて自信になりました。

ただ、「ルールが守れなかった場合の話し合い」ができる状態ではなく、ルールは破られっぱなし

で取り上げると暴力を含む逆切れをすることが問題だと言うことに関しては何の解決策も

アドバイスもなかったことが残念でした。

あ、アドバイスがなかったというのは語弊があります。

参考になるアドバイスがもらえなかったという意味です。

だってこんなにレベッカとの関係がこじれているのに「お子さんに手紙を書いてみたら?」って。

お母さんはこんなにあなたのこと大事に思っているよ、だからこうしてほしいんだよ、

ということを手紙に書いて渡したらいいよ、って(笑)

その手が通じるのは小学校低学年まででは?

だからもうそういう状態じゃないんだってば!という元気もなくなりました。

いつ刃物が出てきて親殺し事件になってもおかしくないくらい一触即発の状態なんです

と言ってもこうなんですから。

あぁもういいです・・・・という感じ。

結局誰もわかってくれないんだな、助けてはくれないんだな。

一人なんだな。

一人で戦うしかないんだな。と絶望と脱力感だけが残りました。

 

スクールカウンセラーに相談してから数か月たって今振り返って思うことは、あの時

「カウンセラーさんからレベッカに話をしてもらえませんか?」と言えばよかったのかな?

ということ。

言ったところで「そこまでは介入できません」と言われたかもしれませんが、

ここまで私とレベッカはこじれてしまっているので私が何を言っても聞く耳をもちませんし、

「誰か相談できる人=第三者」の力を借りて関係修復を図るのがよいとカウンセラー自身がそう

言っているのだから、その第三者になってほしいとお願いしたとして断る理由はないはずです。

 

しょせん他人事

面談の最後、「何かあったらまた連絡くださいね」「きっといい方向にいきますよ」

というお決まりのセリフはあったのですが、その後あちらからフォローはありません。

私も連絡していませんが。

「その後いかがですか?」の電話の一本すらないです。

家庭内暴力がある、シングル家庭である、・・・けっこうリスク高め案件かと自分では思っていた

のですが、公式なところに相談しても放置なところを見るとそうでもないのでしょうね。

虐待事件のニュースを見ていても、児相や行政がよく

「もっと重大な案件がたくさんありこれは急を要する案件として認識していませんでした」

とか言っていますけど、うちもきっと事件と名の付くものになってそう言われるのだろな~

と思っています。まさか相談に行った記録すらない、なんてことないよね?という不安も。

冬休み前に三者面談がありましたが、担任からも通り一遍のことだけで、

前回流れを汲んでの話は一言もありませんでした。

先生やカウンセラーさんもお忙しいのでしょうね。

もう手を煩わせられませんのでまた相談に行くとかはたぶんしないかな、と思います。

 

長々とお読みいただきありがとうございました。